Top >  渚ゆう子 >  ベンチャーズ歌謡大全 ベンチャーズ・トリビュート

ベンチャーズ歌謡大全 ベンチャーズ・トリビュート


ベンチャーズ歌謡大全 ベンチャーズ・トリビュート
ベンチャーズ歌謡大全 ベンチャーズ・トリビュート
エムアンドアイカンパニー
price : ¥2,661
release : 1999/06/17

青春時代のあの頃の思い出も一緒に蘇ってきます

「エレキブーム」で日本中「テケテケテケテケ」というサウンドが大流行の頃です。自分の小遣いで最初に買ったのがベンチャーズのレコードでした。当時のエレキバンドのグループの中で一番人気があり、とても分かりやすい特徴あるサウンドを持っていました。

このCDは、そんなベンチャーズが、大好きな日本の歌手のために、様々な曲を提供したもので、全てがオリジナルという当時のファンを泣かせるようなCDです。

渚ゆう子が歌った「京都の恋」と「京都慕情」がとても懐かしかったですね。地元京都の高校に通っていた時、深夜放送のラジオ番組によく流れていた曲です。日本の優しい女性のイメージが盛り込まれていたのでしょうか。

欧陽菲菲の「雨の御堂筋」も大ヒットしました。彼女のたどたどしい日本語が妙に雰囲気をもたらした曲でした。大阪を歌った曲の代表のような歌謡曲でしたね。
山内賢と和泉雅子の「二人の銀座」もベンチャーズの曲だったのですね。知りませんでした。デュエット曲として今でも我々50代のものには今でも歌われる曲です。

ベンチャーズのサウンドと懐かしい歌手の歌声を聴くと、青春時代のあの頃の思い出も一緒に蘇ってきます。

関連エントリー

歌謡今昔物語
ベスト30
ゴールデン・ベスト
ナイトクラブの渚ゆう子
ベンチャーズ歌謡大全 ベンチャーズ・トリビュート
京都の恋 京都フェロモン菩薩
ナイトクラブ・マニア
リサイタル
BEST
京都の恋