« 2008年02月26日 | Top

最新記事【2008年05月20日】

フォーク黄金時代 40-THE GOLDEN AGE OF FOLK SONGS-
フォーク黄金時代 40-THE GOLDEN AGE OF FOLK SONGS-
日本クラウン
price : ¥3,150
release : Now On Sale

【商品詳細】

ハロー!プロジェクトのメンバーが、70年代のフォーク・ソングをカヴァーする企画モノの4作目(参加しているのは、矢口真里、保田圭、中澤裕子、メロン記念日)。いちばんの聴きどころは、モーニング娘。を卒業したばかりの圭ちゃんの見事な歌いっぷりだろう。今回ソロで歌っているのは「異邦人」と「雨の物語」なのだが、正確な音程と深い表現力を披露してくれている。「圭ちゃんって、こんなに歌がうまいんだ!」って驚く人も多いのでは。あ、矢口の「中央フリーウェイ」もかわいいっすよ。(森 朋之)

SUPER FOLK SONG
SUPER FOLK SONG
エピックレコードジャパン
price : ¥2,854
release : Now On Sale

【商品詳細】

ハロープロジェクト競演による1970年代の曲を中心に収録した、懐メロシリーズの第3弾。今回は、すっかり“顔”となった中澤裕子、モー娘。脱退直後の後藤真希、そして2002年デビューの藤本美貴の3人が参加し、ソロ、デュオ、トリオの使い分けで数々の名曲に新たな息吹を注ぎ込んでいる。1985年生まれの後藤と藤本にとっては、親の世代の流行歌となるわけだが、さほど違和感もない様子で、未体験ポップスにチャレンジしたといったところ。特筆すべきは中澤の。このハマリ具合いは◎。彼女のシルキー・ヴォイスが悲しい女の姿を描くのにコレほどピッタリとは!(春野丸緒)

優れたミュージシャンはカバーもうまい

クラシックのピアノの知識あるのでわかるけどピアニストとしての技量も相当なものですよ。少なくとも汚い音でベシャベシャベーゼンドルファー叩いてるだけのトーリエイモスなんかよりははるかにいい。洋楽ばっか聴いてるので大貫さんの曲くらいしか原曲しらないんですけど、矢野さんのオリジナルとまったく変わらない感覚で聞けるってことはやっぱりそんだけ自分のものにしてるってことなんでしょうね。優れたミュージシャンはカバーもうまい。K.D.ラングしかりスティーナノルデンスタムしかりパティスミスしかりローラニーロしかり。

昭和のフォークソング

懐かしのフォークからロック、ニューミュージック、アイドルからテクノまで70、80年代のヒット作品紹介